夏色の佐渡ヶ島北端

海と陸、稜線と空、草地と岩肌。全てのコントラストが小気味よく踊る。大ザレの滝から大野亀、そして二ツ亀に至る道は風光明媚そのものでした。

記事・作品に関するタグ

該当するタグはありません

ユーザーに関するタグ

該当するタグはありません