Mavic Pro 特車2課仕様(超安価なカラーリング変更:送信機と共に)

 送信機のモニターは iPad mini4 が無加工で取り付けできます。L型ライトニングケーブル20cmとスティックガードはネットで購入 ネックストラップはモニター画面が隠れない様に細い紐状のスマホ用ストラップを使い、取り付け金具はT型の金属プレートを加工して作りました。(上の溝にはめてモニターで挟んで固定します) また、写真には写っていませんが、電源投入時に忘れがちなカメラカバー・ジンバルロック外しと、スポーツモードスイッチの確認のために蛍光テープでマーキングしました。(航空機によくあるリムーブ・ビフォア・フライトみたいなリボン)

2017/01/29

Mavic Pro 特車2課仕様(超安価なカラーリング変更:後方より)

=制作手順=・紙ガムテープを貼る面に合わせて大ざっぱにちぎります。・一度貼り、面の端を強く押してエッジを際立たせます。・鉛筆をねかせて芯の腹でエッジを擦ります。・一度はがして少し小さめにカットします。・貼るときに各面と面の間隔を少し空けると、グレーの地肌が見えて 丁度使い込んでエッジの塗装が剥げた様になります。 背面の寅テープは赤・白に変えて見ましたが、飛行中はほとんど違いが分かりませんでした。

2017/01/29

Mavic Pro 特車2課仕様(超安価なカラーリング変更:前方より)

 市販の紙ガムテープを使い、ロービジマビックを目立つように特車2課仕様にしてみました。でもどちらかと言うと建機かな。 紙ガムテープは安価で粘度もちょうど良く、張り直しも簡単にできるので気軽に機体カラーの変更が楽しめます。つや消しというところもポイントです。 また、耐久性も意外と高く(一度水没させましたが、そのまま自然乾燥でOKでした)端が劣化したり退色するのもウェザリングぽくていい感じです。 寅テープとロゴはワープロで作り、両面テープで貼りました。菊の御紋はパトカーの模型から流用しています。

2017/01/29

該当する記事・作品はありません

該当するパイロットはいません

記事・作品に関するタグ

該当するタグはありません

ユーザーに関するタグ

該当するタグはありません

該当するスポットはありません