4K-紅葉を空撮したらテレビ塔とガメラレーダーが映り込んでしまった件!!

秋になりそろそろ紅葉が山を赤く染めています。今回は佐渡のどんでん山と金北山の紅葉を空撮してみました。「正式名はタダラ峰ですが、900メートル級の3つの山を合わせた高原一帯を「ドンデン山」と呼んでいます。頂の丸い山の意味「鈍嶺(どんでん)」に由来する通称が示すように険しい大佐渡山地のほぼ中央で、唯一穏やかな山容を見せています。あたりは高山植物や山野草の宝庫。「新日本百名山」や「花の百名山」に数えられ、春から初夏にかけてトレッキング客でにぎわいます。」さど観光ナビより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35876257?

2019/10/28

4K-関の大滝を空撮したら台風19号の爆流が鮮やかだった件!!

行く道には土砂崩れが2か所、落石がゴロゴロ転がっており「もしかしたら途中で道路が無くなっているかも」と不安な気持ちで運転しましたが、無事現地に到着しました。「新潟県佐渡市関の関川に懸かる滝。佐渡島を一周する県道45号線の関で旧道に入り、関川沿いを約2km上って行くと、道路の右側にコンクリートブロックで囲まれた小さな祠があり、滝はこの下に懸かっている。少し下流側から滝が見える場所があり約30mを5段に連なって落ちている。」日本の滝見リストより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35822138

2019/10/16

4K-えっ!!ここは火星!?吉永小百合さんCMで有名な三角家の海岸を空撮した件!!

黒いゴツゴツ海岸の向こうに見える家々が宿根木と言う、吉永小百合さんのCMで有名になった船の形の家がある部落です。「-え、火星?ここは本当に地球?佐渡島?-こちらの宿根木海岸はもともと海底でしたが、地震により隆起しました。隆起した後に、長年の波と小石により削られて平地になり、背後に急な崖ができました。このように宿根木海岸は地震と侵食を繰り返して今のような地形になりました。一体どれだけの年月をかけてこの地形になったのでしょう。地球のダイナミズム、佐渡島の大地の歴史を感じますね。」さどトリコHPより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35791278

2019/10/09

4k-パワースポットの杉池を空撮したら水中に人面魚がっ!!

佐渡のパワースポット「杉池」で空撮しましたが、池の反対側からも撮ろうと水上を滑らしたら水中に2匹の鯉が。よくよく後ろの鯉の顔を見るとまるで人面魚(゚O゚;アッ!。。。「両津から赤玉へと抜ける四十八箇所越えの峠(海抜440m)近くにあり、杉池、ひょうたん池の2つからなっています。周囲に杉の大木が林立する荘厳な池は、小佐渡山地唯一の湧水池であり、涸れることのない池として信仰されてきました。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/atS4_gnGHyI

2019/09/25

4k-展望台から棚田に飛び出したら見事な黄金風景だった件!!

稲刈り直前の岩首の「昇竜棚田」、3度目の訪問でやっと撮る事が出来ました(´▽`)/パチパチ~。「岩首地区の標高350mを超える山間に広がる棚田。江戸時代ごろから受け継がれたもので現在残る田んぼは460枚ほど。急峻な地形を活かしきる大小の変形田が、天空に昇る龍のようにつながっています。春先、水を張った棚田に朝日が差す光景は人々を魅了します。展望小屋からの眺望も見事。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/R0B11kgAoc0

2019/09/19

4K-素浜海水浴場へ行ったらヒマワリ達が踊りながら迎えてくれた件!

長い砂浜で有名な「素浜海水浴場」を空撮しに行く途中数々のひまわり畑に出会い、ヒマワリをメインに今回は撮ってしまいました・・・・とさっ(^^♪。「佐渡では数少ない4kmにおよぶ長い砂浜が特長。透明度が高く、遊泳区域も島内最大。市街地から離れており周囲に人家もありません。遠浅ですが、自然のままの「海らしさ」を満喫できる環境が最大の魅力。隣接してフリーキャンプ場やバンガロー村があり、佐渡観光の拠点としても注目の海水浴場です。」佐渡観光ナビより。

4K-姫津大橋をくぐり抜け白くて透明感のある灯台に出会った件!!

今回は姫津大橋をくぐり抜けてみました。ちょうど姫津小学校の生徒が釣りに来てて「あっ!ドローンだ!」と騒いでおりました。。。「この橋を渡ると超一級の釣り場が続いています。ただし有料(200円)今年の釣りはこの橋を渡って内側をダンゴで攻めましたが、釣れるのはグレばかり。グレでしたらコマセのなかに仕掛けを落としてやれば入れ食い状態になります。姫津大橋を渡っての釣りは2日間(早朝)行いましたが、こんなにすばらし釣り場でありながら他に釣り人がいませんでした。ポイントは尖閣湾寄りの内側で十分とのことですが、橋を渡らず駐車場からもチヌを狙えます。」どなたかのブログより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35316838

4K-本物のゴルフ場をゴルフボール目線で飛んでみた件っ!!

今回は「ときの郷ゴルフクラブ」様承認のもと、1っ発目はゴルフボール目線で飛ばしてみました。生まれて初めてゴルフ場に行きましたが、その広大さとこのゴルフ場の爽快さに圧倒されっぱなしでした。「佐渡唯一の18ホールを擁する本格コース。眼下に真野湾を眺望するアウトコースは、フェアウェイのうねりが戦略性を高めます。多彩なアンジュレーションが待ち構えるインコースは、バンカーや林帯の巧みなレイアウトが特長的。小佐渡の丘陵に建つクラブハウスの素晴らしいロケーションも魅力です。」さど観光ナビより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35262811

4K-ミシュラン観光版2つ星大野亀の黄色いカンゾウが鮮やかだった件!!

日中は観光客が多いため6時起きで現地に向かいましたが、すでにカメラマンが3人も居ました(;^_^A。「日本海に突出する「大野亀」の標高は167m、亀の形をした大きな一枚岩です。ミシュラン観光版「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星を獲得しました。大野亀では、トビシマカンゾウの日本一の大群落が見られます。見ごろは5月下旬~6月上旬。「佐渡カンゾウ祭り」では、大野亀を舞台に伝統芸能を堪能できます。一面に広がる黄色い絨毯は圧巻です。」にいがた観光ナビより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35219680?

4K-天野尚氏絶賛の千竜桜を空撮したら後方にガメラレーダーがっ!!

4年前にこの桜を知り空撮したいと思っていましたが、帰省日と天候が合わずこれまで空撮できませんでした。しかし今日やっと念願が叶い散り始めではありますが空撮することができましたぁ~ヾ(≧▽≦)ノ「国内外で活躍し4年前に亡くなった写真家の天野尚さんが愛した佐渡市のミネザクラ。標高890メートルの妙見山キャンプ場にあり樹齢100年近いといわれ、雪の重みにより枝が横に這うように広がる様子を写真家の天野尚さんが天に昇る千匹の竜にたとえ「千竜桜」と名づけました。UX新潟テレビ21より。ニコニコ→https://www.nicovideo.jp/watch/sm35136996

4K-超感動!!真っ白な雪に浮かぶ赤い「もみじ橋」日本の絶景冬景色っ!!

「DJI CrystalSkyにゴーグルの様な完璧鉄壁なフードを装着してみたっ件!!」をもみじ谷の東屋で撮影した後、この空撮を行いました。実はこの雪の中のもみじ橋を撮りたくて、前々から雪が積もるのを待っていましたが、今回ちょうど2段フード入手直後って事で一石二鳥の撮影となりました。「雪の中の赤い橋」って「青い海に浮かぶ白い橋」に通じるものがありますねっφ(..)メモメモ。

4K-千畳敷の海上めがね橋をくぐるとそこには暖かな春の訪れがっ!!

「弁天崎沖合に広がる下相川の景勝地、相川町市街地の北端下相川の海岸にある岩礁。平坦な広い形状から千畳敷と呼ばれ、古くから名勝地として知られています。堤防に向かって海の上を橋がかかっており、迫りくる日本海の波や岩礁の様子を眺められます。波が穏やかな日には遊歩道を散策する人の姿も見られ、近隣の人々の憩いの場でもあります。」さど観光ナビより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm32935716

4K-水上を自由に飛び回るウェイクボードを空撮しその爽快さに魅了された件っ!!

monkey-trapさんのご厚意により空撮させて頂きました。「monkey-trapさんHP→http://www.monkeytrap.jp/shop%20info.htm」「ウェイクボードの滑走形態は、縦乗りで雪上を滑走するスキーに類似して水上を滑走する水上スキーがあるように、横乗りで雪上を滑走するスノーボードの水上版と比喩することができる。すなわちウェイクボードは、進行方向が短辺となる概ね長方形の一枚の板に両足先が進行方向に対して直角方向になるような向きで乗り(横乗り)、ロープでボートに曳かれることによって水上を滑走する。横乗りの、特に両足が板に固定されているものをウェイクボードと呼ぶ。水上スキーに比べてスタイリッシュなトリックなどのバリエーションがより多くあるとされ、また若年層を初めとした横乗りスポーツへの指向の拡大により、日本国内では2000年代には水上スキー人口を凌ぐ競技人口となっている。」wikipediaより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm32946019

4Kトリックアート美術館を空撮すると建物自体が驚くべき構造だった件!!

桜を空撮しようと明日「花魁道中」のある分水に行きましたが、あいにくの曇天だった為行き先を変え、パラセールをやってる可能性がある野積に向かうと左手に「閉館中」のぶら下がった「トリックアートミュージアム」に遭遇。スマホで調べると、実は昨年夏閉館したそうです(面白かったのになぁ~)ザ・ン・ネ・ン。。。「新潟県長岡市にあるトリックアート専門の美術館。トリックアートとは遠近法や特殊インク、照明の演出などによって目の錯覚や意識の錯覚を誘い、二次元(平面)の作品を三次元(立体)であるかのように描く超リアリズムなアートのこと。名画の中から手や足がはみ出して見えるなど、ユーモア溢れる様々な作品が並ぶ。約80点全ての展示作品に触れられ、フラッシュを使った撮影も可能なので、トリックアートを上手に活用した面白写真を撮ることができる。」ウォーカープラスより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33051941

4K-春爛漫!!舞い散る桜と赤い橋を渡る二人に心がほのぼのした件っ!!

今回空撮した「下条川ダム」の桜は昨年も空撮しましたが、昨年の発着場は工事のため立ち入り禁止。桜の季節に立ち入り禁止ってあり得ないでしょ~がっ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。って事で、今回は赤い橋の右横から出発し空撮しましたそれにしても、釣りをしてる人々や花見をしてる人々心がほっこりしますねっ。やっぱ日本人には「桜」が心のよりどころなんですねっ(^_-)---☆Wink。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33081354

4K-出雲崎の妻入りを空撮すると颯爽と岸壁に立つ女性に遭遇っ!!

「妻入りとは江戸時代、徳川幕府の直轄地(天領)であった出雲崎は佐渡金銀の荷揚げや北前船の寄港地で、北国街道の宿場町として栄えました。廻船問屋街、旅館街が立ち並びそれに伴い遊廓も発展していきました。当時の人口はこの小高い丘と日本海に挟まれたわずかな平場に約2万人もいたと言われ、人口密度は越後一でした。よって多くの人が居住できるように、また当時は間口の広さに税金を掛けられていたことから二間や三間半といった間口が狭く奥行きの長い妻入り家屋が軒を連ね、約4㎞にも及ぶ妻入りの街並を形成しました。」出雲崎町観光協会より。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33122986

4K-NGT48「世界はどこまで青空なのか?」のPV聖地を空撮してみたっ!!

今回はNGT48の2作目シングル「世界はどこまで青空なのか?」PVのロケーションで使用されている山古志村へ空撮に行ってきました。 当初「薬師の杜」しか知りませんでしたが、現場(?)で出会ったNGTファンの人に「ブランコも見てきました」って言葉に触発され「にこにこ広場」でブランコも撮ってみました(^^♪。 公式PVはhttps://www.youtube.com/watch?v=qGBvujY6bjg 4K空撮はこちら->https://youtu.be/SWbx1xSjXE0「世界はどこまで青空なのか?」は日本の女性アイドルグループ・NGT48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は斉門が担当した。2017年12月6日にNGT48の2作目のシングルとしてソニー・ミュージックレーベルズ(アリオラジャパン)から発売された。楽曲のセンターポジションは荻野由佳が務め、前作「青春時計」から8か月ぶりのシングル。Type-A、Type-B、Type-C(以上、CD+DVD)、NGT48 CD盤(CDのみ)の4形態で発売された。」wikipediaより。

4K-絶壁に不可解な物を発見!空撮してみるとナント結構グロかった件!!

 新潟市五ケ浜海岸では昨夏ウィンドサーフィンをする人を見かけたため、今日はその人のサーフィン姿を空撮に収めるべく五ケ浜に向かいました。駐車場にたどり着くとウィンドサーフィンをやってる姿は無く、ふと周りを見回すと山間の岩盤に白く丸い小さなものが見えました。「ん?あれは一体なんなんだっ?」って事で今回空撮で解明に挑みました。今回の調査で正体は解明できましたが、下の白っぽいフンは鳥なんでしょうかねぇ~(・・?http://www.nicovideo.jp/watch/sm33288471

4K-ん?無数のUFO発見っ!?[豪壮日本一!大凧合戦]を空撮すると意外とアレだった件!!

昨年は白根市の大凧合戦を空撮し[畳24畳の大凧合戦を空撮すると川に落ちた凧があまりにも悲惨だった件!!]としてUPしましたが、今年は見附市の大凧合戦を最終日に空撮しました。「毎年6月の第1土曜日~月曜日の3日間、中之島大橋の下流、刈谷田川堤防上で中之島地区と対岸の見附市今町地区との間で行われます。勇壮な掛け声とともに、畳約8枚分の大凧が空を舞う伝統行事。信州の旅人が凧揚げをしたのが起源と言われています。その後、天明年間に入り、堤防の地固めの一策として人を集めて、刈谷田川をはさんで行ったのが今日の大凧合戦の始まりと伝えられています。平成27年3月に新潟県無形民俗文化財に指定されました。」長岡市HPより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33315617

4K-まるで「千と千尋 」の世界!!しらさぎ公園の花菖蒲に魅了された件!!

3年前にも空撮した「しらさぎ森林公園」ですが、花菖蒲の旬は1年の内ほんの2~3日。たまたま休日が重なったので朝4時起きで空撮して来ましたが、やっぱ幻想的な所で非現実的な世界にどっぷり浸る事ができました。 「初夏の夜空がホタルの幻想的な光で包まれる「しらさぎ森林公園」。源氏ホタルと平家ホタルが生息しています。「しらさぎ森林公園」では約2万株の花菖蒲が植えられており、その上を蛍が優雅に飛び回ります。また、花菖蒲の開花時期にあわせ「花菖蒲まつり」が開催されます。」にいがた観光ナビより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33402461

該当するパイロットはいません

記事・作品に関するタグ

該当するタグはありません

ユーザーに関するタグ

該当するタグはありません

該当するスポットはありません