廃墟

「廃墟」に関する記事・作品一覧

4K-歴史を空撮!ちっちゃなひとつの港が日本の財政を救った件!!

今回の空撮は佐渡市相川地区の大間港、ちょこっとドローンでの輪くぐりをやってみました(゚O゚)\(--; ォィォィ。「大間港跡は、新潟県佐渡市の港湾施設跡。佐渡金山の鉱石や資材を運搬するために、明治20年より建設された。近代化に伴う石炭の輸入を目的に、もう一つの計画地である北沢地区の斜面を切土した土砂で造成されている。大正から昭和期にかけ、クレーン用の台座やローダー橋が設置され、昭和15年には火力発電所が建てられた。現在は「たたき工法」による護岸、クレーン台座、木造倉庫、レンガ倉庫、発電所の基礎部分、トラス橋などが残る。」廃墟検索地図より。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33846003

ラ・レインボー

錆の浮いた外殻を夕日に晒し瀬戸大橋の袂に佇む一本の塔。緩んだワイヤが風に靡きピュンピュンと奇怪な騒音を響かせる。

王子アルカディアリゾート

完成前に放棄されたリゾートホテル。役目を終えた廃墟とはまた異なる哀愁を放つ。

4Kトリックアート美術館を空撮すると建物自体が驚くべき構造だった件!!

桜を空撮しようと明日「花魁道中」のある分水に行きましたが、あいにくの曇天だった為行き先を変え、パラセールをやってる可能性がある野積に向かうと左手に「閉館中」のぶら下がった「トリックアートミュージアム」に遭遇。スマホで調べると、実は昨年夏閉館したそうです(面白かったのになぁ~)ザ・ン・ネ・ン。。。「新潟県長岡市にあるトリックアート専門の美術館。トリックアートとは遠近法や特殊インク、照明の演出などによって目の錯覚や意識の錯覚を誘い、二次元(平面)の作品を三次元(立体)であるかのように描く超リアリズムなアートのこと。名画の中から手や足がはみ出して見えるなど、ユーモア溢れる様々な作品が並ぶ。約80点全ての展示作品に触れられ、フラッシュを使った撮影も可能なので、トリックアートを上手に活用した面白写真を撮ることができる。」ウォーカープラスより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33051941

伊豆、持越鉱山と弓ヶ浜

リアルタイムで崩壊が進行中の鉱山跡。規模・構造ともに素晴らしいものでした。弓ヶ浜。夏は来たことを後悔したほどの混雑ぶりでしたが、お正月は大変ゆっくりとした時間が流れていました。

北沢浮遊選鉱場跡

朽ち果てども威容を残す大いなる建造物。緑の絨毯がなびき、通り過ぎる風の形をおぼろげに映し出す。

波打ち寄せる大間港跡

絶え間なく打ち寄せる波。上澄みを攫われ削られるに任せながらも立ち続ける。

渇水の宮ヶ瀬湖

別の目的で来たのですが、支流の方に進むにつれてどんどん水位が下がっていき撮影場所の付近で完全に湖底が見えるまでに変容していました。標識や道路の速度制限数字など、驚くほど「そのまま残っている」という印象です。本来のタスクは遂行できなかったのですが貴重な体験となりました。

小串硫黄鉱山跡

黄金色のつづら折れた畦道をひたすら降りる。バイクを持ってくればよかったと後悔してももはや遅い。どのみち帰りの登りで難儀したことであろう。突き刺さる日差しに、時折吹き抜ける涼風を期待しながら飲みかけの麦茶の残量を頻繁に確かめる。しかして得たものは、かつて人が手を入れながらも自然に飲まれつつある荒涼とした視界。

水没した魚雷発射試験場

二度と訪れることのない喧騒の思い出と共に、大海原の片隅に浮かぶ人工物