廃墟

「廃墟」に関する記事・作品一覧

新潟県No1のミステリースポット「賽の河原」を空撮してみた件っ!!

今回は願地区にある「賽の河原」を空撮してみました。車を降り歩くこと10分ほどで賽の河原に着き、静かに拝んで心を落ち着けてから空撮を開始しました。「奇岩「大野亀」と「二ツ亀」をつなぐ海沿いの遊歩道。「願」(ねがい)集落から10分ほど歩くと賽の河原に出ます。海食洞穴には、「地蔵菩薩」を中心に無数の石地蔵が静かに並んでいます。冥途との境と言われる賽の河原は、幼くしてなくなった子供の霊が集まる場所と言われ、昔から篤く信仰されています。」佐渡観光ナビより。

天空之城金瓜石十三層遺址 -Jinguashi 13 Layer Remains-

鋭角に切り立った山々の、逆光に白む靄に隠れながら、丸みを帯びた幾何学が、ただただその場所にあり続ける。BGM(1st part) : "Cloud Walker" by hotaru soundsBGM(2nd part) : "Summer Regret" by hotaru sounds

新平溪煤礦卸煤場跡 -Xingpingxi Coal Yard-

今回のノーマーク廃墟。十分老街から十分瀑布に向かう途中の駐車場の直上に突如姿を表した。夕日に照らされた箱と遺物にメカニカルシャッターが舌鼓を打つ。BGM:"夜の訪れ" by hotaru sounds

翡翠湾幽浮船廃墟 -Feicui UFO Village-

ムカシのミライがここにある。くすみ、汚れ、劣化したFRPと抜けるような青空の完璧なまでのミスマッチング。再び浮き上がることのない船の上をパラグライダーが悠々と飛び回っていた。BGM:"Blue Sun" by hotaru sounds

菁桐石底大斜坑 -Jingtong Coal Mines-

廃墟と言うより遺跡然とした植物との一体感。管理されていないようで管理されていて、山奥にでもあるかのような佇まいなのに実は駅近ですぐ横にカフェもあり(笑)なんとも贅沢なスポットでありました。

4K-歴史を空撮!ちっちゃなひとつの港が日本の財政を救った件!!

今回の空撮は佐渡市相川地区の大間港、ちょこっとドローンでの輪くぐりをやってみました(゚O゚)\(--; ォィォィ。「大間港跡は、新潟県佐渡市の港湾施設跡。佐渡金山の鉱石や資材を運搬するために、明治20年より建設された。近代化に伴う石炭の輸入を目的に、もう一つの計画地である北沢地区の斜面を切土した土砂で造成されている。大正から昭和期にかけ、クレーン用の台座やローダー橋が設置され、昭和15年には火力発電所が建てられた。現在は「たたき工法」による護岸、クレーン台座、木造倉庫、レンガ倉庫、発電所の基礎部分、トラス橋などが残る。」廃墟検索地図より。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33846003

ラ・レインボー

錆の浮いた外殻を夕日に晒し瀬戸大橋の袂に佇む一本の塔。緩んだワイヤが風に靡きピュンピュンと奇怪な騒音を響かせる。

王子アルカディアリゾート

完成前に放棄されたリゾートホテル。役目を終えた廃墟とはまた異なる哀愁を放つ。

4Kトリックアート美術館を空撮すると建物自体が驚くべき構造だった件!!

桜を空撮しようと明日「花魁道中」のある分水に行きましたが、あいにくの曇天だった為行き先を変え、パラセールをやってる可能性がある野積に向かうと左手に「閉館中」のぶら下がった「トリックアートミュージアム」に遭遇。スマホで調べると、実は昨年夏閉館したそうです(面白かったのになぁ~)ザ・ン・ネ・ン。。。「新潟県長岡市にあるトリックアート専門の美術館。トリックアートとは遠近法や特殊インク、照明の演出などによって目の錯覚や意識の錯覚を誘い、二次元(平面)の作品を三次元(立体)であるかのように描く超リアリズムなアートのこと。名画の中から手や足がはみ出して見えるなど、ユーモア溢れる様々な作品が並ぶ。約80点全ての展示作品に触れられ、フラッシュを使った撮影も可能なので、トリックアートを上手に活用した面白写真を撮ることができる。」ウォーカープラスより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33051941

伊豆、持越鉱山と弓ヶ浜

リアルタイムで崩壊が進行中の鉱山跡。規模・構造ともに素晴らしいものでした。弓ヶ浜。夏は来たことを後悔したほどの混雑ぶりでしたが、お正月は大変ゆっくりとした時間が流れていました。