Phantom 2 crashed into ARICA BRIDGE by RTH~ゴーホームの失敗、ファントム4ではこうならない

いいね0お気に入り0




今こんなことしたら、大変な騒ぎになります。

このコンテナ船はパナマ船籍ではありますが、川崎汽船株式会社("K"LINE)の船腹ですから、墜落現場が「外国」ではなくて助かりました。
また、当時はドローンがまだ珍しく、大変あたたかく対処して頂いたことが懐かしく思えます。

Phantom 4 は、障害物を回避しつつRTHをしてくれますが、Phantom 2 は、操縦者と機体の間に電波遮断物が来ないように心砕いて飛ばしておりました。でも、ちょっとした油断でこういう結果になるのです。


パイロット紹介

よろしくお願いします

このパイロットの記事一覧 >

この記事のスポット

  • 兵庫県神戸市東灘区向洋町西6丁目
  • スポット:神戸市東灘区向洋町西6丁目4

コメントはまだありません