プロドローン、天井面・垂直壁面両方の検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を開発

いいね0お気に入り0




■仕様(暫定)
モーター軸間距離:600mm(浮上用) 418mm(前面)
最大ペイロード:2kg
機体重量:6kg
最大速度:5km/h(検査時の自走速度) 20km/h(飛行時)
全高:720mm
飛行可能風速:5m/s(張り付き検査時を除く)
プロペラ直径:15inch
飛行時間:10min
バッテリー:22.2v/6000mAh x2
飛行可能気圧高度:3000m
その他:張り付き検査時自走用車輪 x6

※型番・仕様等は予告なく変更する場合があります。


株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一、以下:PRODRONE)は、この度、社会インフラ検査市場向けに水平面・垂直面両方の壁面検査が可能な自走式張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を開発

現在、社会インフラ検査市場においては、特に全国70万橋梁検査に向けて様々なドローンを活用し検査が行われようとしていますが、その殆どは空中にホバリングしながら対象物の検査を行うことを主眼に開発されています。

しかし橋梁検査においては強烈な突風が吹くなど独特の環境下での作業となることが多く、従来の空中でのホバリングでは十分な検査が出来ないことも多々ありました。それらの背景をもとにPRODRONEではこれまでのホバリング検査ではなく、負圧を利用し検査対象物に直接張り付きながら天井面を自走し、安定した橋梁検査が行える画期的なインフラ検査専用ドローン「PD4-CI」を2016年4月に発表し、市場関係者から極めて高い評価を得ました。

今回新たに開発された「PD6-CI-L」は、これまでの天井面(水平面)の検査に加え、市場関係者から特に要望の多かった壁面(垂直面)の張り付き検査も同じ機体で行えるよう大幅な改良を加えたものとなっております。これにより橋梁検査のみならず、一般建築物の壁面検査等にも幅広く使用することが可能となりました。


パイロット紹介

サイトの元管理人です。主に海外の空撮動画を紹介しています。
空撮用のドローンは持っていませんがシステム開発ならお任せあれ

Ruby on Railsを用いた高品質・低コスト・ハイスピード開発を得意とし、企画設計から開発・インフラ構築までをワンストップで提供可能です。

このパイロットの記事一覧 >

この記事のスポット

  • 愛知県名古屋市中区新栄町二丁目
  • スポット:愛知県名古屋市中区新栄町2-4 坂種栄ビル16階

コメントはまだありません