4K-ミシュラン観光版2つ星大野亀の黄色いカンゾウが鮮やかだった件!!

いいね0お気に入り0

日中は観光客が多いため6時起きで現地に向かいましたが、すでにカメラマンが3人も居ました(;^_^A。「日本海に突出する「大野亀」の標高は167m、亀の形をした大きな一枚岩です。ミシュラン観光版「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星を獲得しました。大野亀では、トビシマカンゾウの日本一の大群落が見られます。見ごろは5月下旬~6月上旬。「佐渡カンゾウ祭り」では、大野亀を舞台に伝統芸能を堪能できます。一面に広がる黄色い絨毯は圧巻です。」にいがた観光ナビより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35219680?


パイロット紹介

全国1年包括-30m以内・夜間・目視外飛行-人口密集地-飛行許可取得済み。haruka958のアカウントが停止された為haruka950に引越ししましたm(__)m。

このパイロットの記事一覧 >

この記事のスポット

  • 日本、〒952-3203 新潟県佐渡市願
  • スポット:大野亀

コメントはまだありません

関連する記事・作品

4K-関の大滝を空撮したら台風19号の爆流が鮮やかだった件!!

行く道には土砂崩れが2か所、落石がゴロゴロ転がっており「もしかしたら途中で道路が無くなっているかも」と不安な気持ちで運転しましたが、無事現地に到着しました。「新潟県佐渡市関の関川に懸かる滝。佐渡島を一周する県道45号線の関で旧道に入り、関川沿いを約2km上って行くと、道路の右側にコンクリートブロックで囲まれた小さな祠があり、滝はこの下に懸かっている。少し下流側から滝が見える場所があり約30mを5段に連なって落ちている。」日本の滝見リストより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35822138

2019/10/16

4K-えっ!!ここは火星!?吉永小百合さんCMで有名な三角家の海岸を空撮した件!!

黒いゴツゴツ海岸の向こうに見える家々が宿根木と言う、吉永小百合さんのCMで有名になった船の形の家がある部落です。「-え、火星?ここは本当に地球?佐渡島?-こちらの宿根木海岸はもともと海底でしたが、地震により隆起しました。隆起した後に、長年の波と小石により削られて平地になり、背後に急な崖ができました。このように宿根木海岸は地震と侵食を繰り返して今のような地形になりました。一体どれだけの年月をかけてこの地形になったのでしょう。地球のダイナミズム、佐渡島の大地の歴史を感じますね。」さどトリコHPより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35791278

2019/10/09

4k-パワースポットの杉池を空撮したら水中に人面魚がっ!!

佐渡のパワースポット「杉池」で空撮しましたが、池の反対側からも撮ろうと水上を滑らしたら水中に2匹の鯉が。よくよく後ろの鯉の顔を見るとまるで人面魚(゚O゚;アッ!。。。「両津から赤玉へと抜ける四十八箇所越えの峠(海抜440m)近くにあり、杉池、ひょうたん池の2つからなっています。周囲に杉の大木が林立する荘厳な池は、小佐渡山地唯一の湧水池であり、涸れることのない池として信仰されてきました。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/atS4_gnGHyI

2019/09/25

4k-展望台から棚田に飛び出したら見事な黄金風景だった件!!

稲刈り直前の岩首の「昇竜棚田」、3度目の訪問でやっと撮る事が出来ました(´▽`)/パチパチ~。「岩首地区の標高350mを超える山間に広がる棚田。江戸時代ごろから受け継がれたもので現在残る田んぼは460枚ほど。急峻な地形を活かしきる大小の変形田が、天空に昇る龍のようにつながっています。春先、水を張った棚田に朝日が差す光景は人々を魅了します。展望小屋からの眺望も見事。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/R0B11kgAoc0

2019/09/19

嵯峨渓・金華山

響き渡る蝉の鳴き声と、耳元を揺さぶる虻の羽音。鬱蒼と茂った藪の中、幾重にも立ち塞がる女郎蜘蛛の巣を避けながら、登っては下り、歩き続けるとそれは眼下に姿を表した。斑に配置された色白の岩肌。たるんだ皮のようなものが刺々しい地層に覆いかぶさっている。鳥たちを驚かさないように、しばらく岩間を飛び続けた。

Ayutthaya Wat Phra Ram

レンタサイクルを駆り、10近くのアユタヤ遺跡を巡った一日の最後に立ち寄った寺院。もっと大きく立派な場所は他にもあったが、工事中であったり濃すぎる人口密度で思ったほど印象には残らなかった。ここWat Phra Ramはこじんまりとしていながら、構築物の純たる美しさやその対称性、人工物と自然の素晴らしいバランス、そして何より人の少なさにより、「もっとも浸れた」遺跡だったように思う。

Airplane Graveyard

大通りの目の前、鎖で固められた鉄の門越しに既にそれらは見て取れた。主と思しき家族が機体の一部に住み着いている。子供らが寄ってきて一人200バーツというので門越しに支払うと、なれた手付きで門の鎖を解除する。最初はおっかなびっくりで、家族の挙動をつぶさに観察しながら出来ることを増やしていったが、結果的には完全なる自由な空間であった。時間制限の存在も無く、ドアにぶら下がろうが、ドローンを飛ばそうがお咎めなし。入って間もなく30分ほどスコールに降られ、機体の中で雨宿り。蚊と戦いながらゆうに3,4時間は滞在しただろうか。前情報からは殺伐とした、世紀末な場所を想像していたが、実際は近代的な建物に囲まれ、取り残された、少しさびしい雰囲気のする摩訶不思議な湿地帯であった。