パイロット紹介

山、海などの風景撮影を主としています。
撮影機材:DJI 「Mavic 2 Pro」「Mavic Air」

【LINE ドローンスタンプ】

「ドローン アニメーション スタンプ」https://store.line.me/stickershop/product/7166992/

「ドローンスタンプ」
https://line.me/S/sticker/6354797

「ドローン 緊急事態」
https://line.me/S/sticker/6439461

「 ドローン動画スタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/7122071/

「ドローン動画UP」
https://store.line.me/stickershop/product/7240470/

「 I love Drone 」
https://store.line.me/stickershop/product/7331260/

このパイロットの記事一覧 >

コメントはまだありません

関連する記事・作品

4K-紅葉を空撮したらテレビ塔とガメラレーダーが映り込んでしまった件!!

秋になりそろそろ紅葉が山を赤く染めています。今回は佐渡のどんでん山と金北山の紅葉を空撮してみました。「正式名はタダラ峰ですが、900メートル級の3つの山を合わせた高原一帯を「ドンデン山」と呼んでいます。頂の丸い山の意味「鈍嶺(どんでん)」に由来する通称が示すように険しい大佐渡山地のほぼ中央で、唯一穏やかな山容を見せています。あたりは高山植物や山野草の宝庫。「新日本百名山」や「花の百名山」に数えられ、春から初夏にかけてトレッキング客でにぎわいます。」さど観光ナビより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35876257?

2019/10/28

4K-関の大滝を空撮したら台風19号の爆流が鮮やかだった件!!

行く道には土砂崩れが2か所、落石がゴロゴロ転がっており「もしかしたら途中で道路が無くなっているかも」と不安な気持ちで運転しましたが、無事現地に到着しました。「新潟県佐渡市関の関川に懸かる滝。佐渡島を一周する県道45号線の関で旧道に入り、関川沿いを約2km上って行くと、道路の右側にコンクリートブロックで囲まれた小さな祠があり、滝はこの下に懸かっている。少し下流側から滝が見える場所があり約30mを5段に連なって落ちている。」日本の滝見リストより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35822138

2019/10/16

4K-えっ!!ここは火星!?吉永小百合さんCMで有名な三角家の海岸を空撮した件!!

黒いゴツゴツ海岸の向こうに見える家々が宿根木と言う、吉永小百合さんのCMで有名になった船の形の家がある部落です。「-え、火星?ここは本当に地球?佐渡島?-こちらの宿根木海岸はもともと海底でしたが、地震により隆起しました。隆起した後に、長年の波と小石により削られて平地になり、背後に急な崖ができました。このように宿根木海岸は地震と侵食を繰り返して今のような地形になりました。一体どれだけの年月をかけてこの地形になったのでしょう。地球のダイナミズム、佐渡島の大地の歴史を感じますね。」さどトリコHPより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35791278

2019/10/09

4k-パワースポットの杉池を空撮したら水中に人面魚がっ!!

佐渡のパワースポット「杉池」で空撮しましたが、池の反対側からも撮ろうと水上を滑らしたら水中に2匹の鯉が。よくよく後ろの鯉の顔を見るとまるで人面魚(゚O゚;アッ!。。。「両津から赤玉へと抜ける四十八箇所越えの峠(海抜440m)近くにあり、杉池、ひょうたん池の2つからなっています。周囲に杉の大木が林立する荘厳な池は、小佐渡山地唯一の湧水池であり、涸れることのない池として信仰されてきました。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/atS4_gnGHyI

2019/09/25

嵯峨渓・金華山

響き渡る蝉の鳴き声と、耳元を揺さぶる虻の羽音。鬱蒼と茂った藪の中、幾重にも立ち塞がる女郎蜘蛛の巣を避けながら、登っては下り、歩き続けるとそれは眼下に姿を表した。斑に配置された色白の岩肌。たるんだ皮のようなものが刺々しい地層に覆いかぶさっている。鳥たちを驚かさないように、しばらく岩間を飛び続けた。

4K-素浜海水浴場へ行ったらヒマワリ達が踊りながら迎えてくれた件!

長い砂浜で有名な「素浜海水浴場」を空撮しに行く途中数々のひまわり畑に出会い、ヒマワリをメインに今回は撮ってしまいました・・・・とさっ(^^♪。「佐渡では数少ない4kmにおよぶ長い砂浜が特長。透明度が高く、遊泳区域も島内最大。市街地から離れており周囲に人家もありません。遠浅ですが、自然のままの「海らしさ」を満喫できる環境が最大の魅力。隣接してフリーキャンプ場やバンガロー村があり、佐渡観光の拠点としても注目の海水浴場です。」佐渡観光ナビより。

Sathorn Unique Tower

鉄条網付きの高いフェンスが張り巡らされておりサイレントな侵入は不可。タワー目当てと思しき旅行者が複数グループ、為す術もなくフェンスの前に佇む。2Fのフロアから時折子供の声が聞こえ、タトゥーの男が10分に一度くらい顔を出すがすぐ奥に引っ込んでしまう。ルールがわからない。彼は警備員なのか?それとも住み着いた番人なのだろうか?旅行者同士で情報交換を試みるがどれも憶測の域を出ない。あてもなく2周ほどビルの回りをぐるぐると回る。近くの電気屋のオヤジに怪しまれ始めたその時、二人組の欧米人がフェンスのドアから満面の笑みを抱えて出てくる。マジか、という顔をする僕らを横目にハイタッチをかまして去っていく。入ることが出来るのだ。数分後、タトゥーの男が顔を出した。迷わずミスター!と叫ぶ。「一人500バーツだ」彼は言う。おおよそ1800円。値切りの余地は無い。様々な意味で立場が対等ではない。彼らにしてみれば、黙っていても次々と物好きが訪れるのだ。反射的にノープロブレムというと、欧米人が出てきたフェンスが開き、女性が早く入れと手招きをする。裏路地にもかかわらず慎重だ。我々が入るスキを見てフレンチな2人がひょいとついてくる。オイオイと思った矢先、頭上から怒声。後の二人はまだだ、戻れ、という旨。かなり厳格である、というか俺らもこれ大丈夫かと顔を見合わせる。吹き抜けで一旦立ち止まり、インストラクション。「北側には対面のビルがあるから窓際には絶対に立つな。外の写真を撮るなら南側だ。北側でボンヤリ突っ立っていたら10分としないうちに通報されるからな。パトカーが来たら俺たちは逃げられるがお前らは袋のネズミだ。タイムリミットは90分、18:30までに戻れ。降りるのに20分はかかるからな、忘れるなよ、1830だ」ありがたい助言に背中をスゴい力で押され、寄り道もそこそこに49階をイッキに登り、屋上。先客が南北を気にせずに大騒ぎしており肝を冷やす。絶景。カビ臭い瓦礫ばかりの足元の眼前に夕日に染まる高層ビル郡。この世とあの世の境目はきっとこんなだろう。遠くのサイレンにビクつきながら、浮ついた足取りでビルを降りる。そもそも出してもらえるのだろうか。あの鉄格子を開けてもらえないだけで我々はここに足止めだ。心配を他所に、ヤクザなオヤジがマスク越しの笑顔(気の所為)で迎えてくれる。足早に路地を通り抜け、安全が保証された領域を求めてコンビニに駆け込み、ビールを流し込み現世に戻る。

照尾八幡神社

山の中にある神社。大きな銀杏の木があり、珍しい親子の狛犬が見守る場所は、絶景です。

2019/07/08