4K-小倉の千枚田を空撮したらその小ささに感動してしまった件っ

いいね4お気に入り0

田んぼの一枚一枚はとっても狭く細長い形状でした。この一枚の田んぼでは数キロの収穫しかできないそうですが、空から見たら古人の苦労がよくわかる地形でした。「始まりは江戸時代の相川金山の食料不足の際に開墾されたといわれています。かつては、最大5町歩ほどあったそうですが、その後、管理条件や生産性がないなど様々な理由により休耕田や荒廃田となりかけていました。ですが平成20年頃から千枚田復活の声が聞かれるようになり、その後小倉千枚田管理組合が設立され棚田オーナー制度を取り入れながら管理・保全活動に取り組んでいます。今では1.5haほどで生産されています。非常に勾配が急峻で一枚一枚が細長く、農機具の入らないような田んぼも残っています。山の清水を使い海抜350~400mそして日照時間も長く日夜の温度差がある、そんな環境で育てられています。」佐渡棚田協議会HPより。


パイロット紹介

haruka958のアカウントが停止された為haruka950に引越ししましたm(__)m。

このパイロットの記事一覧 >

この記事のスポット

  • 日本、〒952-0205 新潟県佐渡市小倉
  • スポット:佐渡市小倉

コメントはまだありません

関連する記事・作品

小豆島の異型採石施設

 崖から身を乗り出すとわずかに見える異様な姿。山を超えた向こう側の採石場とつながっているのだろう、コンベアが斜面から生え、獣道すらも見当たらない、隔絶された場所。様々な意味で、最終兵器感溢れる構造物だ。

新潟県No1のミステリースポット「賽の河原」を空撮してみた件っ!!

今回は願地区にある「賽の河原」を空撮してみました。車を降り歩くこと10分ほどで賽の河原に着き、静かに拝んで心を落ち着けてから空撮を開始しました。「奇岩「大野亀」と「二ツ亀」をつなぐ海沿いの遊歩道。「願」(ねがい)集落から10分ほど歩くと賽の河原に出ます。海食洞穴には、「地蔵菩薩」を中心に無数の石地蔵が静かに並んでいます。冥途との境と言われる賽の河原は、幼くしてなくなった子供の霊が集まる場所と言われ、昔から篤く信仰されています。」佐渡観光ナビより。

天空之城金瓜石十三層遺址 -Jinguashi 13 Layer Remains-

鋭角に切り立った山々の、逆光に白む靄に隠れながら、丸みを帯びた幾何学が、ただただその場所にあり続ける。BGM(1st part) : "Cloud Walker" by hotaru soundsBGM(2nd part) : "Summer Regret" by hotaru sounds

新平溪煤礦卸煤場跡 -Xingpingxi Coal Yard-

今回のノーマーク廃墟。十分老街から十分瀑布に向かう途中の駐車場の直上に突如姿を表した。夕日に照らされた箱と遺物にメカニカルシャッターが舌鼓を打つ。BGM:"夜の訪れ" by hotaru sounds

翡翠湾幽浮船廃墟 -Feicui UFO Village-

ムカシのミライがここにある。くすみ、汚れ、劣化したFRPと抜けるような青空の完璧なまでのミスマッチング。再び浮き上がることのない船の上をパラグライダーが悠々と飛び回っていた。BGM:"Blue Sun" by hotaru sounds

菁桐石底大斜坑 -Jingtong Coal Mines-

廃墟と言うより遺跡然とした植物との一体感。管理されていないようで管理されていて、山奥にでもあるかのような佇まいなのに実は駅近ですぐ横にカフェもあり(笑)なんとも贅沢なスポットでありました。

十分瀑布 -Shifen Waterfall-

台湾のナイアガラと呼ばれている落差20mの滝、十分瀑布。四方を囲まれており、建物の美しさも相まって、場所と雰囲気の一体感が素晴らしい。

愛宕大権現

愛宕大権現https://youtu.be/CvvYjfA5R9sDJI Mavic Airにて撮影Adobe Premiere Pro CCにて編集

2018/11/27