4K-NGT48「世界はどこまで青空なのか?」のPV聖地を空撮してみたっ!!

いいね39お気に入り1

今回はNGT48の2作目シングル「世界はどこまで青空なのか?」PVのロケーションで使用されている山古志村へ空撮に行ってきました。 当初「薬師の杜」しか知りませんでしたが、現場(?)で出会ったNGTファンの人に「ブランコも見てきました」って言葉に触発され「にこにこ広場」でブランコも撮ってみました(^^♪。 公式PVはhttps://www.youtube.com/watch?v=qGBvujY6bjg 4K空撮はこちら->https://youtu.be/SWbx1xSjXE0「世界はどこまで青空なのか?」は日本の女性アイドルグループ・NGT48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は斉門が担当した。2017年12月6日にNGT48の2作目のシングルとしてソニー・ミュージックレーベルズ(アリオラジャパン)から発売された。楽曲のセンターポジションは荻野由佳が務め、前作「青春時計」から8か月ぶりのシングル。Type-A、Type-B、Type-C(以上、CD+DVD)、NGT48 CD盤(CDのみ)の4形態で発売された。」wikipediaより。


パイロット紹介

haruka958のアカウントが停止された為haruka950に引越ししましたm(__)m。

このパイロットの記事一覧 >

この記事のスポット

  • 日本、〒947-0205 新潟県長岡市山古志虫亀 県道551号線
  • スポット:新潟県長岡市山古志村虫亀

コメントはまだありません

関連する記事・作品

天空之城金瓜石十三層遺址 -Jinguashi 13 Layer Remains-

鋭角に切り立った山々の、逆光に白む靄に隠れながら、丸みを帯びた幾何学が、ただただその場所にあり続ける。BGM(1st part) : "Cloud Walker" by hotaru soundsBGM(2nd part) : "Summer Regret" by hotaru sounds

新平溪煤礦卸煤場跡 -Xingpingxi Coal Yard-

今回のノーマーク廃墟。十分老街から十分瀑布に向かう途中の駐車場の直上に突如姿を表した。夕日に照らされた箱と遺物にメカニカルシャッターが舌鼓を打つ。BGM:"夜の訪れ" by hotaru sounds

翡翠湾幽浮船廃墟 -Feicui UFO Village-

ムカシのミライがここにある。くすみ、汚れ、劣化したFRPと抜けるような青空の完璧なまでのミスマッチング。再び浮き上がることのない船の上をパラグライダーが悠々と飛び回っていた。BGM:"Blue Sun" by hotaru sounds

菁桐石底大斜坑 -Jingtong Coal Mines-

廃墟と言うより遺跡然とした植物との一体感。管理されていないようで管理されていて、山奥にでもあるかのような佇まいなのに実は駅近ですぐ横にカフェもあり(笑)なんとも贅沢なスポットでありました。

十分瀑布 -Shifen Waterfall-

台湾のナイアガラと呼ばれている落差20mの滝、十分瀑布。四方を囲まれており、建物の美しさも相まって、場所と雰囲気の一体感が素晴らしい。

愛宕大権現

愛宕大権現https://youtu.be/CvvYjfA5R9sDJI Mavic Airにて撮影Adobe Premiere Pro CCにて編集

2018/11/27

帰港

youtube→https://youtu.be/csuYI08LOH4DJI Mavic Airにて撮影Adobe Premiere Pro CCにて編集

2018/11/27

ohmiko -大神子-

youtube→ https://youtu.be/yp9nRuPRXUADJI Mavic Airにて撮影Adobe Premiere Pro CCにて編集

2018/11/27