大洲長浜 肱川あらし ドローン空撮4K60P

いいね0お気に入り0


大洲市長浜の肱川あらしを地上と空から撮影しました。

地元の子どもたちは肱川あらしがあまり好きではないと言います。無理もありません。この日の長浜の気温は氷点下0.5℃ 風速は10m/s以上。湿度にもよりますが体感温度は-15℃をゆうに上回ります。ゴーーという風の音と霧が流れるさまはまさに「嵐」でした。

肱川あらしについては下記サイトをご参照ください。

http://www.city.ozu.ehime.jp/site/kanko/1190.html

http://www.jaf.or.jp/jafnavi/driveguide/natural-phenomenon/hijikawa-arashi.php

https://www.arashi-nagahama.net/


撮影日:2018年1月15,16日

撮影機材:Canon EOS5DMarkⅣ / DJI PHANTOM 4 Pro

撮影:中村写真事務所 中村 誠二

http://www.ouchi-shashin.com/


パイロット紹介

パラグライダー空撮パイロットを目指すも道半ばで断念。新たな羽を身にまとい、再び大空へ!!

このパイロットの記事一覧 >

この記事のスポット

  • 日本、〒795-0000 愛媛県大洲市 県道43号線
  • スポット:大洲市長浜

コメントはまだありません

関連する記事・作品

天野尚氏絶賛の千竜桜を空撮したら後方にガメラレーダーがっ!!

4年前にこの桜を知り空撮したいと思っていましたが、帰省日と天候が合わずこれまで空撮できませんでした。しかし今日やっと念願が叶い散り始めではありますが空撮することができましたぁ~ヾ(≧▽≦)ノ「国内外で活躍し4年前に亡くなった写真家の天野尚さんが愛した佐渡市のミネザクラ。標高890メートルの妙見山キャンプ場にあり樹齢100年近いといわれ、雪の重みにより枝が横に這うように広がる様子を写真家の天野尚さんが天に昇る千匹の竜にたとえ「千竜桜」と名づけました。UX新潟テレビ21より。ニコニコ→https://www.nicovideo.jp/watch/sm35136996

千里浜なぎさドライブウェイ

今年のGWは能登半島をぐるりとしてきました。目当ての1つが、国内唯一、波打ち際の砂浜をクルマで走ることのできる千里浜なぎさドライブウェイ。天気にも恵まれたため、Mavic Proの自動追従でジムニーをフォローさせてみました。ランドスケープ+疾走感が癖になる、いつまでも走っていたいロケーションでありました。いつか雨の日も走ってみたいな。

小豆島景観総集編

半年前の旅行の動画編集がまだ終わっていないという恐怖。つぶよりなのに一つだけでは物足りない、そんな景観を総集編にしてみました。小豆島、やっぱり美しい場所です。

しまなみ海道『桜』海山城・能島・積善山ドローン空撮

平成最後となるしまなみ海道の桜をドローンで空撮しました。今治市の海山城、岩城島の積善山は満開で大変美しかったのですが、宮窪町の能島は昨年の豪雨災害で崩れているところがあったり、また危険な箇所にはブルーシートがかけられていたのが(絵的には)残念でした。隣の小島(鯛崎島)も水害によってダメージを受けているようで、今年はほとんど開花しませんでした。撮影日:2019年4月8日撮影機材:DJI MAVIC2 PRO撮影:中村写真事務所 中村 誠二https://www.ouchi-shashin.com

2019/04/27

4K-桜満開!!,日本海夕日の森の桜並木と青い海のコラボが素敵だった件!!

今年は全国的に早い開花となった桜、「今年はどこの桜を撮ろうかな?」って思いネットを検索すると、海を背景に華麗に咲く桜を発見!!。って事で寺泊の「日本海夕日の森」に行ってきました。「遠くに潮騒を感じながら、咲き誇る桜のアーチをくぐり散策を楽しみませんか?」と言う「にいがた観光ナビ」の案内に誘われ、桜のアーチをくぐり抜けてみましたが、海の向こうに見える佐渡と桜を一生懸命メンテする人とに感動しました('-'*)フフ。https://www.nicovideo.jp/watch/sm34981264

積善山 三千本桜ドローン空撮4K

愛媛県越智郡上島町、岩城島の積善山三千本桜をドローンで撮影しました。尾根に沿って咲く桜は見事としか言いようがありません。他のかたの動画を拝見して以前より行ってみたかったところです。今年はどこの桜も木によって開花のばらつきが多く苦労しましたが、ベストなタイミングで撮影できたと思っています。撮影日:2019年4月8日撮影機材:DJI MAVIC2 PRO撮影:中村写真事務所 中村 誠二https://www.ouchi-shashin.com

2019/04/15

小豆島の廃旅館濤洋荘

美しい砂浜と出島を持つ恵まれた立地に朽ちる建物。屋根は落ち、窓枠は外れ、蔦が風に揺れる。回り続ける換気扇だけが在りし日との結節点に思えた。

小豆島の海上デッキ跡

小豆島北側の海岸に点在する打ち捨てられたデッキ。錆び、朽ちて、エメラルドグリーンの海に佇み続ける。