parallax effect with a drone

パイロット紹介

全国包括許可・承認済(DID、近接、目視外、夜間)

日本全国どこへでもお伺いします!

もともとは映像畑の出身です。飛んで撮っただけの映像ではなく、お客様のイメージを具現化するために「その映像を見た人にどう思ってほしいか」「どんなアクションをして欲しいか」を定めたうえで、最適な構図・露出・ストーリーの空撮プランを設計します。
ここ数年間で民生機のドローンも普及し、誰でも簡単に(購入後10分でフルオートで)ブレのない、いわゆる「空撮」ができてしまう時代となりました。
私たちは撮影をただ機器の機能に任せるのではなく、お客様のニーズに応えるための『手段』として最大限活用するため、撮影・編集・空撮技術を日々磨き続けています。

安心決済の仕組み

このパイロットの記事一覧 >

コメントはまだありません

関連する記事・作品

御岳昇仙峡

かねてから訪れてみたかった秋の昇仙峡。空からのアングルを想像しながら遊歩道を歩き、岸壁を見上げる。実際に飛んでみると想像を超える風景が広がっていた。色付きは少し足りなかったものの、天気にも恵まれ最高の時間帯に撮影することが叶いました。

【4K空撮】九州 食の収穫祭in福津2017@津屋崎漁港/福岡県福津市

毎年秋に開催される、福津市の一大イベントの一つで、九州各地からうまいもんが大集結いたします!今回は初日が曇天、2日目は雨天とあいにくのお天気でしたが、たくさんのお客さんが会場に訪れていました。やはり海沿いの街ということで、クッキングパパの原作者である“うえやまとちさん”プロデュースの鯛茶漬けをはじめ、海鮮系に人気が集まりますね。特に、水産高校の学生が販売する、水高バーガーのあっという間の完売劇には大変驚きました。

【4K空撮】DJI Mavic Pro 福間海岸の夕陽 7月&9月Ver. Beautiful Sunset at Fukuma Beach

DJI Mavic Proによる空撮。今回は福間海岸にて7月と9月に撮影した夕陽です。福間海岸は春から秋にかけて水平線に沈む夕陽を眺めることができます。特に2月と10月には宮地嶽神社から海に向かって一直線に伸びる「光の道」が夕陽に照らし出され、非常に多くの観光客が訪れます。前半が7月13日、後半が9月30日に空撮したものですが、沈む位置や空の状態でかなり印象が異なりますね。

【4Kドローン空撮】第16回こうのす花火大会 Fireworks filmed with a drone 2017

第16回こうのす花火大会をドローンで空撮しました。 撮影日:2017年10月8日 打ち上げ発数 15,000発超 日本一のラストスターマイン 鳳凰乱舞(おおとりらんぶ) 四尺玉、三尺玉、尺玉 三百連発 来場者数:約60万人 ■埼玉県の祭り情報をお届けする「さいたまつり」 https://www.saitamatsuri.jp/ https://www.saitamatsuri.jp/matsuri/k... ■燃えよ!商工会青年部!! 第16回こうのす花火大会 主催:鴻巣市商工会青年部 http://kounosuhanabi.com/ ■国交省 東京航空局、東京空港事務所、航空交通管理センター、主催者、消防、警察等の飛行・撮影許可取得済 制作 & Copyright:Tokyo Happendix https://tokyohappendix.com/ ---------------------------------------- Fireworks aerial shot with drones. 16th Annual Kounosu Fireworks Festival in 2017. Kounosu city, Saitama, Japan. Don't miss its final fireworks which shell is more than 1 meter big and explodes 800 meters across is one of the biggest in the world! Gear : DJI / Phantom 4 Pro, Mavic Pro ----------------------------------------

三条の水田

新潟への道中、北陸道からの眺めがあまりにも素晴らしく、衝動的に途中下車して撮影を敢行。明らかに自然のものとは思えないが、同時に人の手の技であるとも信じがたい、美しく区切られ敷き詰められた稲穂、稲穂、稲穂。パースが消失し、ミクロとマクロを判別する神経回路が混乱していく錯覚。

リステル猪苗代 花火ドローン空撮近接撮影 ,Fireworks Aerial Shot

主催者許可済み、国土交通省承認済み撮影。事前打ち合わせで花火の大きさ、本数、距離などもろもろ説明を受け、夕方の明るいうちにテストフライトを行い、そして本番撮影。撮影後はもっと突っ込めばよかったなーと思いながらもなんとか見れる映像は出来たかなと。