遊子水荷浦の段畑

いいね1お気に入り0


愛媛県宇和島市の三浦半島にある遊子水荷浦の段畑です。 「耕して天に至る」と形容される段々畑。幅・高さとも1メートルほどの石垣がはるか山頂まで続いています。急な山の斜面を人々が苦労してきり拓いてきた歴史の重み、壮観な造形の美に圧倒されます。 水荷浦の段畑は、眼前に広がる宇和海の美しさもあいまってまさに絶景。「日本農村百景」などに選ばれており、平成19年7月には全国で3例目の「国の重要文化的景観」に選定されました。 また、この景観保持の活動を続けている「段畑を守ろう会」も、平成15年3月末に「ふるさと愛媛創造賞」を受賞しています。


コメントはまだありません

関連する記事・作品

4K-千と千尋の神隠しのモデル地「矢島経島」を空撮すると赤橋が鮮やかだった件!!

空撮したいと2か月の間に6回訪問しましたが、毎回天気が思わしくなく7回目でやっと撮る事が出来ました(;^_^A。「矢島・経島は、絶景たらい舟スポットとして、日本のお客様はもちろん台湾からのお客様が大変多く訪れている場所。それもそのはず、『千と千尋の神隠し』でリンが千をのせて漕いでいたのがこのたらい舟なのです。『千と千尋の神隠し』が上映された香港では、「日本に行ったら、たらい舟に乗ってみたい!」という方も多いのだとか。」yukotabiさんHPより。niconico→https://www.nicovideo.jp/watch/sm36094131?

2019/12/16

蔵王の御釜

霧深い蔵王エコーラインを登りきり、開門時間に到着するがゲートは開いていない。他の旅行者と路端で情報交換。台風19号が昨日過ぎたばかりだから安全確認に時間がかかっているだけ。配送業者のトラックも順番待ちしているから開かないことはないだろう。という説得力のある意見が出て待機を選択。30分ほど遅れてゲートが開いた。よし。ビジターセンターを脇目に通り過ぎると即座に見える火山湖。噂に違わぬエメラルドグリーン。一つの視点、一枚の写真に魅力を収めようとあちこち飛び回るが無理であるということを知る。この強烈なスケール感と個性は動きでないと伝わらない。小雨がぱらついてはいたものの、青空も垣間見えたためフライト敢行。動きのある光によって山肌のテクスチャが際立った。

4K-紅葉を空撮したらテレビ塔とガメラレーダーが映り込んでしまった件!!

秋になりそろそろ紅葉が山を赤く染めています。今回は佐渡のどんでん山と金北山の紅葉を空撮してみました。「正式名はタダラ峰ですが、900メートル級の3つの山を合わせた高原一帯を「ドンデン山」と呼んでいます。頂の丸い山の意味「鈍嶺(どんでん)」に由来する通称が示すように険しい大佐渡山地のほぼ中央で、唯一穏やかな山容を見せています。あたりは高山植物や山野草の宝庫。「新日本百名山」や「花の百名山」に数えられ、春から初夏にかけてトレッキング客でにぎわいます。」さど観光ナビより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35876257?

2019/10/28

4K-関の大滝を空撮したら台風19号の爆流が鮮やかだった件!!

行く道には土砂崩れが2か所、落石がゴロゴロ転がっており「もしかしたら途中で道路が無くなっているかも」と不安な気持ちで運転しましたが、無事現地に到着しました。「新潟県佐渡市関の関川に懸かる滝。佐渡島を一周する県道45号線の関で旧道に入り、関川沿いを約2km上って行くと、道路の右側にコンクリートブロックで囲まれた小さな祠があり、滝はこの下に懸かっている。少し下流側から滝が見える場所があり約30mを5段に連なって落ちている。」日本の滝見リストより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35822138

2019/10/16

4K-えっ!!ここは火星!?吉永小百合さんCMで有名な三角家の海岸を空撮した件!!

黒いゴツゴツ海岸の向こうに見える家々が宿根木と言う、吉永小百合さんのCMで有名になった船の形の家がある部落です。「-え、火星?ここは本当に地球?佐渡島?-こちらの宿根木海岸はもともと海底でしたが、地震により隆起しました。隆起した後に、長年の波と小石により削られて平地になり、背後に急な崖ができました。このように宿根木海岸は地震と侵食を繰り返して今のような地形になりました。一体どれだけの年月をかけてこの地形になったのでしょう。地球のダイナミズム、佐渡島の大地の歴史を感じますね。」さどトリコHPより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35791278

2019/10/09

4k-パワースポットの杉池を空撮したら水中に人面魚がっ!!

佐渡のパワースポット「杉池」で空撮しましたが、池の反対側からも撮ろうと水上を滑らしたら水中に2匹の鯉が。よくよく後ろの鯉の顔を見るとまるで人面魚(゚O゚;アッ!。。。「両津から赤玉へと抜ける四十八箇所越えの峠(海抜440m)近くにあり、杉池、ひょうたん池の2つからなっています。周囲に杉の大木が林立する荘厳な池は、小佐渡山地唯一の湧水池であり、涸れることのない池として信仰されてきました。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/atS4_gnGHyI

2019/09/25

嵯峨渓・金華山

響き渡る蝉の鳴き声と、耳元を揺さぶる虻の羽音。鬱蒼と茂った藪の中、幾重にも立ち塞がる女郎蜘蛛の巣を避けながら、登っては下り、歩き続けるとそれは眼下に姿を表した。斑に配置された色白の岩肌。たるんだ皮のようなものが刺々しい地層に覆いかぶさっている。鳥たちを驚かさないように、しばらく岩間を飛び続けた。