山麓マウンテンバイク Hi-Lite Movie

いいね6お気に入り1

空撮だけではインパクトがないので、陸撮も入れたガチレーシングをまとめた映像です。

バフバフのスラロームコースをブリブリに発射オーライな走りです。

高級カメラなんか、砂ホコリで即死亡が予想されます。

機材:Phantom2、Gopro4



パイロット紹介

伝えたい感動をクリエイトします!
アクションムービーを中心に撮影及び編集を行なっております。イベントPV、スポーツPVなどはお任せください。
ただし、安全管理を第一に撮影しております、開催地のロケーションなどで断念する場合も多々あります。まずはご相談ください。
イベント撮影はその都度許可申請をしております(最新基準を徹底するため)。ご依頼は1ヶ月前までにお願いいたします。

このパイロットの記事一覧 >

コメントはまだありません

関連する記事・作品

根岸競馬場&峰之沢鉱山宿舎跡

丸い天窓を備えた3つの塔が特徴的な根岸競馬場跡。Mavic Mini初登板の上、カラスが警戒しまくりで近くを飛び回り、なかなか思い通りの絵が撮れず右往左往。後半の峰之沢鉱山宿舎跡は徒歩でのアプローチが困難であったためドローンでの撮影のみで撤退。

2020/05/06

興津川製紙工場跡

2019年12月に撮影。雨水に浸るスチールとスレートとガラス片。形状を留めた遺物たちは相応に歳を取りながらも、未だその内に魂を宿しているように見えた。

渡良瀬川の菜の花畑

台風19号により氾濫した渡良瀬川。痛々しく点在する枯れ木の周りは既に、生命に溢れていた。

蔵王の御釜

霧深い蔵王エコーラインを登りきり、開門時間に到着するがゲートは開いていない。他の旅行者と路端で情報交換。台風19号が昨日過ぎたばかりだから安全確認に時間がかかっているだけ。配送業者のトラックも順番待ちしているから開かないことはないだろう。という説得力のある意見が出て待機を選択。30分ほど遅れてゲートが開いた。よし。ビジターセンターを脇目に通り過ぎると即座に見える火山湖。噂に違わぬエメラルドグリーン。一つの視点、一枚の写真に魅力を収めようとあちこち飛び回るが無理であるということを知る。この強烈なスケール感と個性は動きでないと伝わらない。小雨がぱらついてはいたものの、青空も垣間見えたためフライト敢行。動きのある光によって山肌のテクスチャが際立った。

4K-関の大滝を空撮したら台風19号の爆流が鮮やかだった件!!

行く道には土砂崩れが2か所、落石がゴロゴロ転がっており「もしかしたら途中で道路が無くなっているかも」と不安な気持ちで運転しましたが、無事現地に到着しました。「新潟県佐渡市関の関川に懸かる滝。佐渡島を一周する県道45号線の関で旧道に入り、関川沿いを約2km上って行くと、道路の右側にコンクリートブロックで囲まれた小さな祠があり、滝はこの下に懸かっている。少し下流側から滝が見える場所があり約30mを5段に連なって落ちている。」日本の滝見リストより。https://www.nicovideo.jp/watch/sm35822138

2019/10/16

4k-パワースポットの杉池を空撮したら水中に人面魚がっ!!

佐渡のパワースポット「杉池」で空撮しましたが、池の反対側からも撮ろうと水上を滑らしたら水中に2匹の鯉が。よくよく後ろの鯉の顔を見るとまるで人面魚(゚O゚;アッ!。。。「両津から赤玉へと抜ける四十八箇所越えの峠(海抜440m)近くにあり、杉池、ひょうたん池の2つからなっています。周囲に杉の大木が林立する荘厳な池は、小佐渡山地唯一の湧水池であり、涸れることのない池として信仰されてきました。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/atS4_gnGHyI

2019/09/25

4k-展望台から棚田に飛び出したら見事な黄金風景だった件!!

稲刈り直前の岩首の「昇竜棚田」、3度目の訪問でやっと撮る事が出来ました(´▽`)/パチパチ~。「岩首地区の標高350mを超える山間に広がる棚田。江戸時代ごろから受け継がれたもので現在残る田んぼは460枚ほど。急峻な地形を活かしきる大小の変形田が、天空に昇る龍のようにつながっています。春先、水を張った棚田に朝日が差す光景は人々を魅了します。展望小屋からの眺望も見事。」さど観光ナビより。4K->https://youtu.be/R0B11kgAoc0

2019/09/19