柴垣海岸でサーフィンしてる人をドローンで空撮してみた1

投票0いいね2お気に入り0

柴垣海岸です。
アクティブに動いている人を撮影したくて、サーフィンしに来ている人にお願いして撮らせていただきました。快く承諾していただき心から感謝いたします。



これはロングボード?
Mavic Proのインテリジェントな撮影モードを駆使しつつ、怠けちゃイカンぞと手動でも頑張ってみたり。20分以上飛んでくれるMavic Proのおかげで1パックでたっぷりとれました。
4K録画でデータ量10GB!
で、公開動画は5分間…orz

こういうのもどんどん撮りたいです。ショートのとか、SUPのとか、スケボーとか自転車とか動くもの色々^^

柴垣海岸でサーフィンしてる人をドローンで撮ってみた2
https://youtu.be/-4fOgrcIS_A

BGMはフリーBGM、MusMusより使わせていただきました。
http://musmus.main.jp


パイロット紹介

DJI Mavic Proに鞍替えしました。
主に能登で飛ばしています。
Blogではぼちぼちとトイクアやドローンの紹介記事を書いています。
本業は瓦屋。
ドローンを活用し、屋根調査や工事完了検査、記念撮影も行っています。

このパイロットの記事一覧 >

この記事のスポット

  • 石川県羽咋市柴垣町
  • スポット:羽咋市柴垣

コメントはまだありません

関連する記事・作品

4K-ん?無数のUFO発見っ!?[豪壮日本一!大凧合戦]を空撮すると意外とアレだった件!!

昨年は白根市の大凧合戦を空撮し[畳24畳の大凧合戦を空撮すると川に落ちた凧があまりにも悲惨だった件!!]としてUPしましたが、今年は見附市の大凧合戦を最終日に空撮しました。「毎年6月の第1土曜日~月曜日の3日間、中之島大橋の下流、刈谷田川堤防上で中之島地区と対岸の見附市今町地区との間で行われます。勇壮な掛け声とともに、畳約8枚分の大凧が空を舞う伝統行事。信州の旅人が凧揚げをしたのが起源と言われています。その後、天明年間に入り、堤防の地固めの一策として人を集めて、刈谷田川をはさんで行ったのが今日の大凧合戦の始まりと伝えられています。平成27年3月に新潟県無形民俗文化財に指定されました。」長岡市HPより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33315617

ドローンでハイパーラプス空撮映像

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成してみました。 5秒間隔でRAW撮影し現像、繋げた後に更にスタビライズしています。

寄島の三ツ山

瀬戸内海を望む浅口市。まるで本土と島を埋め立てたような特異な形状の岬。突先を目指すと不意にこの三兄弟が姿を表す。行間を読めと言わんばかりのその形状をしばし眺め続ける。

ラ・レインボー

錆の浮いた外殻を夕日に晒し瀬戸大橋の袂に佇む一本の塔。緩んだワイヤが風に靡きピュンピュンと奇怪な騒音を響かせる。

4K-絶壁に不可解な物を発見!空撮してみるとナント結構グロかった件!!

 新潟市五ケ浜海岸では昨夏ウィンドサーフィンをする人を見かけたため、今日はその人のサーフィン姿を空撮に収めるべく五ケ浜に向かいました。駐車場にたどり着くとウィンドサーフィンをやってる姿は無く、ふと周りを見回すと山間の岩盤に白く丸い小さなものが見えました。「ん?あれは一体なんなんだっ?」って事で今回空撮で解明に挑みました。今回の調査で正体は解明できましたが、下の白っぽいフンは鳥なんでしょうかねぇ~(・・?http://www.nicovideo.jp/watch/sm33288471

[4K] 東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街

東洋のヴェニスとも呼ばれる水の都、中華人民共和国江蘇省蘇州市の山塘街をMavic Proで空撮してきました。天候に恵まれず帰国当日の朝の短い時間で撮影した為、思うように撮れず編集で苦労しました。

王子アルカディアリゾート

完成前に放棄されたリゾートホテル。役目を終えた廃墟とはまた異なる哀愁を放つ。

4K-NGT48「世界はどこまで青空なのか?」のPV聖地を空撮してみたっ!!

今回はNGT48の2作目シングル「世界はどこまで青空なのか?」PVのロケーションで使用されている山古志村へ空撮に行ってきました。 当初「薬師の杜」しか知りませんでしたが、現場(?)で出会ったNGTファンの人に「ブランコも見てきました」って言葉に触発され「にこにこ広場」でブランコも撮ってみました(^^♪。 公式PVはhttps://www.youtube.com/watch?v=qGBvujY6bjg 4K空撮はこちら->https://youtu.be/SWbx1xSjXE0「世界はどこまで青空なのか?」は日本の女性アイドルグループ・NGT48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は斉門が担当した。2017年12月6日にNGT48の2作目のシングルとしてソニー・ミュージックレーベルズ(アリオラジャパン)から発売された。楽曲のセンターポジションは荻野由佳が務め、前作「青春時計」から8か月ぶりのシングル。Type-A、Type-B、Type-C(以上、CD+DVD)、NGT48 CD盤(CDのみ)の4形態で発売された。」wikipediaより。