長崎県

「長崎県」に関する記事・作品一覧

生月島塩俵断崖の柱状節理

霜柱のような岩の繊維が地盤を構築している印象的な断崖です。柱状節理がどう出来上がるのかWikipediaを読んでもいまいちピンと来ませんでしたが、実際にこの場所に来てみると、ゆっくりとせり上がるマグマの表面が海風により均等に冷やされて、ビキビキと等間隔に収縮する微速度映像のイメージが不思議と湧いてきます。ここに来たのは3度目ですが、今回は特に天気と到着した時間帯に恵まれつつ、ドローンのおかげでようやく夢にまで見たアングルからの映像を得ることが出来ました。大興奮でジンバルロールの調整を忘れていたのが悔やまれます…(^^;

大島百合岳キャンプ場の朝日

今年の正月キャンプで何の気なしに滞在した場所です。長崎のとても複雑な海岸形状をじっくりと堪能できました。空撮をすると今まではツナギの部分だった旅のウェイポイントも、印象的な記憶として残るような気がします。

水没した魚雷発射試験場

二度と訪れることのない喧騒の思い出と共に、大海原の片隅に浮かぶ人工物

A SMALL ISLAND IN SOUTHKOREA JUT LOOK IT

The island is about 2 hours away.Both sides of the island are open and you can walk in the cold sea breeze.If there is pantry which is special in island hanok, and fatigue is solved if we watch the rising sun and the losing sun, we can eat seafood at cheap village restaurant.If you want to heal, Gau is also a good place.- License Music - musicworld

2017/01/30

GAWODO IS A SMALL ISLAND IN SOUTHKOREA JUT LOOK IT

GAUHDO ISGauhdo(駕牛島) is a small island which, according to "Doseoji," looks like a yoke of a cow. The island holds a 2.5km trail on the coastline of wooden decks and rough soil and is therefore a good trail to take a light walk on while observing the beautiful and clean sea. The name 'Together Road' was given to the trail to encourage people to walk and enjoy the outstanding sceneries together.

2017/01/07

【ドローンで4K空撮】 祈りの島 五島列島 長崎県  DJI Inspire1

「日本一美しいビーチ」や教会が多い島としても知られ、世界遺産登録を目指しています。50もの教会が点在する五島列島、しかしここにはキリシタンたちの悲しい歴史があります。この動画で伝える事は難しいですが、興味のある方は是非行ってみたり調べて見て下さい!※国土交通省、長崎県五島振興局、九州商船、五島市観光物産の許可を得て撮影しています。

2016/11/24

DJI Mavic Pro登場!小型折りたたみ式ドローンで飛行時間最大27分しかも4K!

Phantom4のカメラ性能を引き継ぎつつ、各種センサーの精度を上げて、小型化さらに折りたたみ式・・・GoProがKarmaがかわいそうなレベル・・スペックは・小型:約700gで折りたたみ可能・送信機もコンパクト・最大4km操作可能・カメラ性能は4K・各種センサー類もパワーアップ(障害物回避、対地高度維持など)・スマホだけでもコントロール可能・自動追尾等の自動飛行機能も対応・価格は119,800円・重量 734 g (ジンバルカバーを含まない)743 g (ジンバルカバーを含む)・最大速度 無風、スポーツモードで64.8 km/時・最大フライト時間 27分・最大ホバリング時間 24分・最大フライト距離 13 km, 無風・GPSモード GPS / GLONASSさすがに欲しい!!

2016/09/28

長崎県平戸市生月/大バエ灯台の空撮(GW帰省中)

平戸入りした初日に「生月」という島の北端にある「大バエ灯台」に行ってみました。生月は平戸島の北西に位置する島なのですが、1991年に開通した「生月大橋」によって平戸島とつながりました。1977年に開通した「平戸大橋」を経て、平戸島と共に九州本土と陸続きになっています。生月を含めて平戸島は九州の北西端にあるため、一年中北西風が吹きます。比較的穏やかなのは真夏の晴れた日の夕方で、太平洋高気圧からの南風が大陸からの北西風に勝つ気圧配置の時だけです。特に年初から5月までは時折台風並みの風が吹き、空撮には適さない条件になります。案の定、飛行当日も離陸場所の駐車場で8m/sの強風でした。Phantom3にとって飛行するには問題のない風速ですが、ラダー操作がかなり慎重になります。急激なラダー操作をすると、回転を落とした側の揚力不足と一瞬の突風により、簡単に機体がひっくり返ってしまうからです。YAW軸の反応を手探りしながらチョンチョンとラダーを当てるため、きれいなノーズインサークルは描けません。ただまっすぐに前後進すればまったく安全なのですが、それでは単純過ぎて絵にならないし(^^;とにかくビクビク&ドキドキしながら、自分の持てるスキルをすべて投入して頑張りました♪ 感動で涙するくらいに青く美しい海と山々の緑、そして白い灯台。飛ばしている最中にもHMDのモニターに映る映像に見入ってしまいました。飛行したのは午前中ですが、本来この場所が一番きれいなのは日没の時です。

2016/08/22

長崎県平戸市/春日の棚田を空撮(GW帰省中)

GWの帰省中に空撮した映像(その2)です。平戸島の北西部に位置する春日集落にある「春日の棚田」を空撮しました。江戸時代に隠れキリシタンが切り拓いた棚田の景観が、対岸の生月島と共に「平戸島の重要文化的景観」の名称で登録されています。初めて上空から眺めてみましたが、田植え前の水を張った棚田には太陽の光が反射してキラキラと輝いていました。 海に面した生月の大バエ灯台とは異なり、山影の谷間にある棚田は穏やかな風で、ラダーの舵もしっかりと入って飛ばしやすかったです。でもなぜか、ほとんどラダーを使わずにまっすぐ飛ばしました。穏やかな風の中で静かにゆったりと飛ばしたら、My Phantomも気持ち良さそうでした。次に平戸へ帰るのはいつになるか分かりませんが、いつまでもずーっと残っているとうれしい景色です。

2016/08/22

長崎県平戸市/霊峰志々伎山の空撮(GW帰省中)

前日の爆風には凝りましたが、翌日、平戸を発つ日の早朝にリベンジしました♪暴風警報も解除となり、割りと穏やかな風になりました。 志々伎山(しじきさん)は、長崎県平戸市の平戸島最南部にある山で、標高347.2m。九州百名山の一つです。山体は古期安山岩からなり、長年の風雨により浸食が進んで山頂部が円錐状に突出した露岩となっています。独特で特徴的な山容を遠く九州本土や五島列島からも望めることから、古くより近海における航海時の標識としての役割を果たして来ました。山頂には式内社である志々伎神社の上宮(かみつみや)の石祠があります。また、山腹部には照葉樹原生林が広がり、長崎県の天然記念物及び国立公園に指定されています。山頂までは岩あり崖ありで急な坂が多く、登山道はかなり狭いです。地元の有志にて定期的に登山道の整備がされているため、岩肌を登る時に使用するロープや鎖が常設されています。頂上は真夏でも涼しい海風が吹き、汗だくになって登り切った時の達成感は大きく、見渡す風景は格別です!

2016/08/22