愛媛県

「愛媛県」に関する記事・作品一覧

四国カルストの地平線

ひたすら続くように思える峰と、点在する岩々の輪郭。静寂のみが纏わりつく、かつて無いほどの開放感。

クルーズ船 L’austral 愛媛県宇和島港入港

クルーズ客船L’australを撮影してみました。

2017/05/11

ヨットレースをスタートまで空撮(宇和島パールCUP)

愛媛県宇和島市で行われた宇和島パールカップ2017ヨットレースのスタート直前までを空撮いたしました。当日は天気は絶好なもののヨットに必要な風がなくスタートが遅れたとの事です。よければゆったりしたお気持ちでご覧ください。

2017/05/04

愛媛と広島の境目。。最高の天気の中。。弓削島空撮。

愛媛と広島の境目にある弓削島を撮影してきました。天気がいいと気持ち良く空を飛べますね。

2017/05/03

しまなみ海道。。来島海峡大橋を通過するバルク船PANORIAを快晴のもと空撮。

今、サイクリングで人気の観光スポットの来島海峡大橋を豪快に華麗に通過するバルク船を空撮しました。汽笛を鳴らしながら小さな漁船に注意を払いながら通過していました。通過後は避けていた漁船も元に戻っていました。

2017/05/03

勇壮 造船所 新来島どっく ~~~~~PHANTOM3にて空撮~~~~~

愛媛県今治市大西町に立地する大西工場は、最大15万トン型までの建造が可能な新来島どっくの主力工場です。撮影時は少し曇天でしたが色味をきつめにし強調してみました。やっぱり造船はかっこいいですね。でっかい仕事は男のロマンですね。

2017/03/10

ぐるっと回って九州四国フェリーを空撮 まだまだ 現役PHANTOM3

2014年6月に就航した新造船フェリー「あかつき丸」は、木目調や金属を随所に使用し、旧きよき時代のにおいとモダンで斬新なテイストを融合されたデザインが話題になりました。横揺れの少ないフィンスタビライザー、環境に配慮したエンジン、エスカレーターが装備されたバリアフリー化、希望の多かったうどんコーナーなど船内で快適に過ごしていただけるサービスがふんだんに取り込まれています。撮影時は少し曇天でしたので色彩調整を少ししました。

2017/02/27

愛媛県東温市の唐岬の滝。凛とした空気の中に神々しさが。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。優美なその姿から「女滝」と呼ばれています。上浮穴郡との境界近く、割石峠の渓谷にかかっていて、高さは114m。秋にはたくさんの人が紅葉狩りに訪れます。撮影は冬です。木々の葉はなく、少し寂しさも感じられますが凛とした空気感がなんともイイ感じでした。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/02/22

自然美溢れる四国石鎚山系の山々や煌びやかな渓流を空撮。。。。

愛媛・高知県境を東西に連なる石鎚山脈の主峰で、徳島県の剣山とともに四国を代表する山である。西条市と周桑(しゆうそう)郡小松町および上浮穴(かみうけな)郡面河(おもご)村の境界に位置する。 山頂は細長い岩稜で中央部に石鎚神社頂上社のある弥山(みせん)(1974m)、南寄りに西日本最高峰天狗岳が天にそびえる。周囲は目もくらむような断崖絶壁で、安山岩の柱状節理がほぼ垂直に立つ。三角点は弥山北西の標高1921mの地点にある。 石鎚山は見る方向によって山容がさまざまに変化する。南の石鎚スカイラインからは、先端のとがったピラミッド型、西の面河方面からは、ギザギザの岩峰がそそり立ち、東の瓶ガ森付近からは、どっしりとした重厚な姿を見せる。

2017/02/01

絶景!!石鎚連峰寒風山をPhantom3にてぐるりと空撮!!

山名の由来は定かではないが、旧国道194号の寒風山隧道(1,120m)の上にある桑瀬峠(1,451m)は季節風の通り道であり、その傍にある寒風山が冬季に北西風をまともに受ける位置にあるのは確かである[1]。山頂南西側の峰は険しい岩稜で断崖となっているが、北東側の最高峰はシコクザサに覆われた360度の展望の利く山頂である。1964年には桑瀬峠直下に旧国道の寒風山隧道が開通し、さらに1999年には新寒風山トンネルが開通した。桑瀬峠の愛媛県側は現在は笹が生い茂り通行不能である。山頂からは間近に笹ヶ峰およびちち山、冠山、筒上山および伊予富士など石鎚山脈の山々、さらに瀬戸内海から太平洋まで望む。寒風山から平家平にかけて笹ヶ峰一帯の山稜部は1982年に笹ヶ峰自然環境保全地域に指定された。寒風山隧道の愛媛県側出口直下の標高950m地点には明治初期に発見され稼行されてきた銅山である基安鉱山があったが1972年に閉山し、現在ではズリ山がその痕跡を留めるのみである[2]。

2017/01/02