新潟県

「新潟県」に関する記事・作品一覧

ZERO ver. SHP Saturday Drift People!!

新潟県川口のSHP Engineeringさん主催のドリフトパーティの様子です。会場は日本海間瀬サーキット。そろそろPhantom4に限界を感じてきました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*主催の許可及び協力で撮影を行いました。サーキット内の空撮は通常禁止されています。

4K-これぞ日本の秋!!奥只見湖の紅葉と真っ白な遊覧船を空撮っ!!

新潟県の紅葉をググってみると1番人気に引っかかったのがココ「奥只見湖」。そしてホームページを見てみると湖上を走るカッコいい白い船が目に焼き付きました。って事で久々に「船」を空撮させていただきました。(^^♪「見頃は例年10月中旬から11月上旬頃。新潟屈指の紅葉スポットで、日本紅葉の名所100選に選ばれている。新潟屈指の紅葉スポットで、日本紅葉の名所100選に選ばれている。ブナの原生林が広がるため黄葉~茶葉が多く、次いでカエデ系の赤・紅・紫・朱など、ほとんどが広葉樹のためほぼ全山色が変わっていき、山の尾根部分にのみヒノキやマツなどの常用樹がある。「団体予約が取れない」ほど人気の奥只見湖遊覧船もある」にいがた観光ナビより。https://youtu.be/Jf7cvcqSehc

20171008_MTBデュアルスラロームレース

八海山麓スキー場で開催されたMTB大会のメインレース。編集作業が進むにつれて、空撮映像がどんどん少なくなってしまいました。現場のリアリティとスピード感を求めた結果です。ただ、空撮シーンを挟むことで、陸撮でのスピード感を印象付けることができました。結果的に、だらだらと空撮を流すより陸撮(GoproHero6)メインの方が再生率が上がり、閲覧の50%以上がラストまで観ていただけています。空撮が不要ということではなく、スパイス的に使いメリハリをつけると効果的です。あ、大事なことだからもう一度言いますね、空撮映像は少ないです!

三条の水田

新潟への道中、北陸道からの眺めがあまりにも素晴らしく、衝動的に途中下車して撮影を敢行。明らかに自然のものとは思えないが、同時に人の手の技であるとも信じがたい、美しく区切られ敷き詰められた稲穂、稲穂、稲穂。パースが消失し、ミクロとマクロを判別する神経回路が混乱していく錯覚。

JR「一生に一度は訪れたい駅」の青海川駅を空撮したらとても爽やかだった件っ!

今回はJRさん立会いのもと空撮させていただきました、いろんなドラマロケでも有名なところです。中盤には真っ赤な「米山大橋」奥に高速道路、パワースポットの「恋人岬」そして左端には「柏崎・刈羽原発」最後には右側面に流れる「おべんの滝」を空撮させていただきました。【 この夏JR東日本が実施したのが「みんなで決める! JR東日本1634駅ランキング」。「景色が奇麗な駅」や「住みたい駅」など5つのカテゴリーごとにSNSを通じた投票で順位を決めるというもので、その最終結果が8月下旬に明らかになった。3位青海川(おうみがわ)駅は“いちばん海に近い駅”とも言われるようにホームの真下に日本海。】・・・東洋経済オンラインより。http://www.nicovideo.jp/watch/sm31972894

北沢浮遊選鉱場跡

朽ち果てども威容を残す大いなる建造物。緑の絨毯がなびき、通り過ぎる風の形をおぼろげに映し出す。

2017 柏崎オフロード FES. Hi-Lite 映像

9/9〜10に柏崎中央海岸で開催されたオフロードレースの決勝ハイライト。サンドスプリントとして悪名高い柏崎の砂浜コース。全国でも唯一と言ってよいタフなレースです。3クラスの決勝をまとめました。・DID許可済・イベント撮影許可済・主催者承認済

波打ち寄せる大間港跡

絶え間なく打ち寄せる波。上澄みを攫われ削られるに任せながらも立ち続ける。

2017_JBA定期戦 R3

シーズン中に毎月、新潟上越で行われるBMXの定期戦。プロライダーからキッズまでのクラス分けで行われるローカルレースです。公式シリーズ戦が行われる本格的なコースで、新潟からも2020年のオリンピックで活躍が期待される選手が続々と育っています。

新潟柏崎/海の日のヨット遊び

今年はタイミングの悪い天候で、あまり海には行けませんでした。この映像は2015の海の日に撮影したものです。機種はPhantom2とGopro4の組み合わせ。今でも現役で、サブ機として使っています。越後新潟の遠浅で美しい日本海をヨットで遊ぶ映像です。