Matrice 600(M600)はプロフェッショナル空撮や産業用途向けに開発されたDJIの新しい空撮プラットフォームです。
M600はDJIの新技術を採用。A3フライトコントローラー、Lightbridge 2映像伝送装置、インテリジェントバッテリー、バッテリーマネージメントシステムを使うことで容易かつ迅速なセットアップで最高のパフォーマンスを発揮します。



この商品が気に入ったら

ポイント1

完全なシステム統合 M600はモジュール構造を採用しており、簡単にセットアップすることができます。さらに、防塵型モーターシステムによりメンテナンスが容易になり、 強化された冷却システムが長時間の安定飛行を実現します。M600はZenmuseカメラやジンバルと互換性があり、最大ペイロードは6kg。 これによりRonin-MXとマイクロフォーサーズからRED Epicまで多様なカメラが搭載可能です。

ポイント2

スマートフライトセーフティ M600は、正弦波を使用したインテリジェントESC(速度制御コントローラー)を搭載し、正確性、安全性、効率性が向上しました。また、A3のフライトシステムは搭載重量に応じて自動的にフライトパラメーターを調整します。A3は2組のGNSS(衛星測位システム)とIMU(慣性計測装置)の追加キットによりA3 Proにアップグレードすることも可能で、D-RTK GNSSを使用すれば、さらなる飛行精度の向上も実現します。 *A3 Pro と D-RTK GNSS は別売りです。

ポイント3

フライトタイムと伝送距離の向上 M600の飛行時間は従来モデルより向上しており、モニタリングや収録用に最大3.5kmのほぼ遅延のないHD映像の伝送を可能にします。M600は、6つの小型 DJIインテリジェントバッテリーを使用することで輸送や携行を容易にしています。カスタマイズ可能なバッテリーマネージメントシステムと 給電システムにより、ボタン1つで6つのバッテリーを起動することができます。また1つのバッテリーに異常が発生した 場合も飛行が可能で、飛行中はリアルタイムでバッテリーステータスを確認できます。
メーカー:DJI
製品名:DJI MATRICE 600
価格:561600円
カメラ:その他
FPV飛行:あり
4K:あり
HD:なし
動画解像度:
飛行時間:36分
充電時間:分
操作可能距離:3000m
スマホ/タブレット:あり
対応OS:iOS 8.0以後のバージョンが必要です。 Android バージョン v2.8.3. Android 4.1.2 以後のバージョンが必要です。
サイズ:1668mm x 1518mm x 759mm
重量:9000g(バッテリー含む)
メーカーのホームページへ

DJI MATRICE 600で撮影された空撮動画